FC2ブログ
にほんブログ村 大人の生活ブログへ にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ

記事一覧

第7話 いままでで一番感じました

 そんなこんなで、ソフトSMの楽しさに目覚めた僕は、WebページにソフトSMやアブノーマルにも興味があるということ加えました。

 流血や超痛いとか人格否定系にはまったく興味がなかったので、ソフトSMということを強調しました。

 僕的に理解できないのは、人格否定系のSMプレイです。

 まあ、それぞれ嗜好の問題なので口出しはしませんが、僕はいわゆる羞恥系や快楽責め的なことが好きなのでそんなことをWebページで書いて、募集をしていました。

 これが思いのほか反響があり、やっぱり女性はMの方が多いんだなって思いました。

 そんな中でも、少しSMに興味があるけと未経験という二十代前半の女性からのメールがありました。

 とっても素直な女性でメールで色々お話するうちに意気投合してきました。

 彼女は未経験なので具体的にどんなことをするかとかはあまり知りませんでしたが、興味は非常に強いことがわかりました。

 そこで、僕も、彼女を喜ばせなくてはということで、あれこれ考えて自分も興奮するし彼女も喜びそうなプレイを検討していました。

 これも若気の至りですが、やはりすぐに沢山するというのは良くなかったんだなって反省しています。

 いよいよ彼女と会うことになりました。

 メールですでに沢山話していたのでお互いの気持ちなどは問題ないのですが、まずは実際に会ってお話してみないことには、エッチが大丈夫かどうかわかりません。

 ということで、話し合ってまずはお食事等してみて大丈夫だったらエッチしてみるという段取りにしました。

 新横浜のファミレスで待ち合わせて食事しました。実際に会ってみるととっても、清楚で正直で可愛い感じの好感が持てる女性でした。体形的には中肉中背で、バストはDカップぐらいでしょうか。

 ただ、こういうことは初めてということで、とっても緊張しているようでした。

 お話しつつ緊張をほぐして、まずはエッチしてみようということになりました。

 SMに興味があるということとアナルにも興味があると言っていたので、ロープやアナルビーズはゲットして持っていってありましたので、僕としては、準備万端ソフトSM楽しもうという意気込みでした。

 ということで、近くのホテルに行きました。

 新横浜のホテル街は競争が激しいのでリーズナブルかつ素敵なホテルが沢山あります。

 ただ、SM部屋があるところはないので、普通の部屋に入りました。

 プレイに備えてお互いシャワーを浴びて、もう一度服を着ました。このときはコスチュームは用意していなかったので、着てきた服を着た状態からスタートみたいな感じでした。

 こちらは普通の恰好で椅子に座り、彼女はテーブルの上に服を着た状態でのってもらい、こちらの指示は絶対ということで、指示に従ってもらいました。

 彼女にはミニスカートを着てきてもらっていたので、手を床につけてお尻をこっちに向けてとか、足を上げてとか、スカートの中を覗ける姿勢を指示します。

 恥ずかしそうに、指示に従うのですが、とっても恥ずかしそうでした。

 そんな状況で自分も段々興奮してくるのが分かりました。

 スカートの中を除くと少し染みてきているのがわかりました。そこで、そんなことを指摘しながら、ノーパンになってもらい、ミニスカート状態でお尻を突き出したり、片足を壁につけて上げたりさせて下から覗かせてもらいました。

 直接触ったりはまだしていないのですが、以前の女性のように垂れてくるほどではないですが、ぐちょぐちょに濡れているのは見ているだけで分かります。

 次に、当時は冬だったので、上に着ていたバストの形が良くわかるニットのセータを脱いでもらいました。

 これで、ブラジャーとノーパンのミニスカートだけの状態です。

 そんな格好で、四つん這いなったり指示して体を視姦したあと、ブラジャーもスカートも脱いで全裸にさせて、色々な恥ずかしいポーズをさせました。

 彼女はこの時にはもう、意識が朦朧とするぐらい興奮状態で、恥ずかしいことは何でもOKみたいな状況となっていました。

 そこで、まだ全然体には触っていないのですが、M字開脚させて自分で、小陰唇を開いて中をのぞかせてもらいました。

 陰毛は少なめでとってもきれいな愛液で輝いている様子が目に焼き付いてます。

 もう立っていられない様子なので、別途に移動しました。この時点で色々触りまくりすばらしい女体を堪能しました。

 ちゃんとコンドームをつけて挿入したりして彼女も僕も楽しみました。この時はまだ、中を指で開発するという発想は残念ですが自分にはなく普通に挿入して楽しんでました。

 アナルに興味があるとこで、いきなりペニス挿入は無理というのは分かっていたので、少し指を入れたりして慣らしてから、アナルビーズを挿入しました。

 アナルビーズは先端は小さく徐々に大きくなっていくので、初心者には最適だと思います。

 ローションを付けて少しづつ入れたり出したりしながら徐々に太いビーズを挿入していきます。

 でも、初めてなので、それほど大きいところまでは行きませんでした。出し入れすると感じるようでとくに引き出したときに感じているようでした。

 入れた状態で、膣に普通に挿入するとアナルビーズをペニスが感じることができてこちらも気持ちよかったのを記憶しています。

 アナルビーズを入れた状態で、ペニスをお口にいれてイマラチオしました。

 この時はディープスロートなど知らなかったので、やさしくイマラチオした感じです。色々未経験の僕は、このときお口の快感を実感しました。

 フェラチオももちろん気持ちよいのですが、イマラチオも含めてお口のすばらしさを実感しました。

 彼女はアナルビーズをしたまま唾液を垂らして、意識朦朧状態で、感じていました。

 クリトリスですでにイッていたのですが、彼女は膣でイッていたかどうかは残念ながら分かりませんが、イマラチオで相当エクスタシー状態だったのは間違いないです。

 それまで、挿入状態でイクのが僕の普通だったのですが、イマラチオがとっても気持ち良く、激しくお口の中に発射してしまいました。

 それはそれで彼女も僕も大興奮でした。彼女にとっては口内発射は初体験だったようです。

 そんな感じで、その夜は僕としては、大満足でお別れしました。

 次の日、連絡をとり、彼女の感想を聞くと、これまであんなに興奮して感じたことはなかったと嬉しい反応でした。

 しかし、SM的なことは初めての体験だったので、少し怖くなったとのことで、残念ながら、これっきりにしたいとのことでした。

 やっぱり、反省ですが、どんなに相手がSMに興味があるからといって、突然色々なことをするのはよくないということです。徐々に信頼関係を築きならが、プレイ内容を深めていくのが良いと思いました。

 もっとも、今にして思えばなので、その後もそんな失敗の繰り返しが結構ありました(涙  そんな彼女、あれからSMを楽しめる彼に出会ているでしょうか?こういう嗜好はなかなか本命の彼には言い出しにくいですよね。

 なので、ステディーとしての伴侶とは別にそういうことを楽しむお友達がいてもよいと思っています。

 いずれにして、そんな自分の嗜好を満たして最高の快楽を楽しめる彼に出会っていることを望んでいます。

 やっぱり女性は幸せにならないといけません(^^
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

なぜこんなブログを作ったか

 結構いい歳になりました。インターネットがない時代から伝言ダイヤルなどで今はインターネットで、セックスが目的で女性との出会いをしてきました。このように書くと不貞なやつだって思われるかもしれませんが、セックスを楽しみたいということと、人としての価値や尊厳はまったく別物であると信じています。その意味で、現在の世の中はセックスを自由に楽しみたい男女にとっては住みにくい社会だと思います。そのような社会で、セックスに覚醒した男女はやはり一定数いると思います。  そういう意味で、既婚、未婚を問わず真摯にまじめにセックスを楽しみたい男女は、僕もそうですが、いると思っています。僕にとってそういう女性は尊敬に値するすてきですばらしい懸命にこのような世の中を生きている素晴らしい人間であると思います。覚醒していない普通の一般の人からどのように評価されようとも、僕は、そのような女性に感謝するとともに、彼女らを尊敬しています。  ということで、ここでは、そのようないとおしい女性との出会いについて、すべて本当のお話をご紹介しようと思います。ちなみに、お金が目的のお付き合い(業者、出会い系を利用したセミプロやデリヘル的な女性)はしたことがありませんし、注意深く判断して避けています。業者等の見分け方もおいおい書いていきたいと思います。

プロフィール

 首都圏を活動エリヤとする男性、あきらです。50代後半のオヤジです。まあ、ちょい悪おやじってとこでしょうか。
 身長は180cm弱、一応ジムに通って筋トレして、メタボ予防してます。年齢なりの、色々な経験ありますし、様々な面で余裕があると思ってます。若い人には負けない体力と知力はあると思います(ジムで体鍛えてますが、筋肉マンではないです)。たばこは吸いません。
 雰囲気は、清潔感がありやさしいタイプです。遊び人タイプではありません。一見まじめに見えますが、実は、このブログで書いてあるような人間です。これまで出会った女性を尊敬しています。すべての女性と出会い系でもがく男性にこのブログを捧げます(^^
 自由時間は、平日の夜、平日の昼間、土曜日など比較的自由に作れます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: