FC2ブログ
にほんブログ村 大人の生活ブログへ にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ

記事一覧

第44話 SMホテル

 ラブホテルにはSMルームがあるところもあることは知っていたのですが、全室SMルームで超有名な六本木のアルファインに行ってみることになりました。

 大道具を使ったプレイは普通ではできないので、超楽しみです。

 どの部屋になるかは空き状況にもよるので、どんな設備に当たるかわかりませんが、最初なので、標準的な、X字架や開脚拘束ベットがあるところが良いねなどと話していました。

 ホテルに入るのは結構ドキドキしますが、ここは、普通の民家やお店の間から入る感じで、ホテル自体は住宅街に突然現れる感じです。

 ホテルのロビーではその怪しい感じに圧倒されつつ、部屋を選びました。

 入ってみると和風な部屋に、張り付けできる壁と、吊るしの設備がありました。

 それと、ベッドには手かせ足かせがついています。 どうやらベッドの手かせ足かせは全室に共通なようです。

 本格的な吊るしに挑戦できる技術は僕にはなかったので、ままごと的に大道具を楽しむことにしました。

 部屋に置いてある、ロープや鞭などは衛生的にちょっとどうかなっと思っていましたので、ロープは持参してきました。

 驚いたことに、電マがおいてありちゃんと消毒されているらしいので、後にありがたく使ってみることにしました。

 床は汚してもよい感じになってはいるのですが、浣腸プレイなどの場合はマットを貸し出してくれるらしいです。今回、浣腸プレイの予定は無いので、そのあたりは心配いりません。

 ということで、コスプレで張り付けて彼女の体を色々いたずらしながら、撮影しました。

 まずは、ゴスロリ風のコスプレで貼り付けにしてみます。







 次に、やっぱりレオタードは外せないということで、試してみます。

 このレオタードは例によって古着屋さんで買ったものなので、とっても安いので気兼ねなく捨てられます。

 そこで、はさみで少し穴をあけたりして、徐々に切っていき、最後は、全裸にしてしまいました。

 次に、ミニスカートのワンピースで、万歳状態で手を上に引っ張って、動けないようにしてみます。


 片足をつってあげて、丸見え状態にしてみます。

 それだけでももう彼女はぐちょぐちょです。

 撮影だけでは満足できず、そんな吊られて開いたぐちょぐちょの性器ををおいしくクンニさせてもらいました。

 この体制だとクンニしやすいですが、彼女は感じすぎて立っていられず、手や足が痛くなってきたので、開放しました。

 本格的なSMが目的ではないので、張り付けなどは、この程度で十分です。

 この部屋には、開脚拘束ベッド(産婦人科にあるようなやつ?)もあったの、開脚拘束して、電マで責めてみました。

 電マで責めるのと、指で膣の中のスポットの刺激と、クンニを交互に繰り返していると、もう彼女は意識朦朧状態です。

 最後はベッドに標準装備の拘束具で寝た状態で張り付けにして、身動きできない状態にします。

 ベッドに備え付けの拘束具はベッドの四隅についていて、彼女が寝た状態で両手をあげて両側に広げた形で万歳して、足は広く開いた状態で動けないようできて、なかなか良い感じです。

 この状態で、上や下のお口に挿入したりして、最後はお口に発射して終わりました。

 セックスそのものは定番といえば定番の行為ではありますが、ベットに手足を拘束された状態で、備え付けのスポットライトを当てた状態でのことなので、彼女はすごく興奮してました。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

なぜこんなブログを作ったか

 結構いい歳になりました。インターネットがない時代から伝言ダイヤルなどで今はインターネットで、セックスが目的で女性との出会いをしてきました。このように書くと不貞なやつだって思われるかもしれませんが、セックスを楽しみたいということと、人としての価値や尊厳はまったく別物であると信じています。その意味で、現在の世の中はセックスを自由に楽しみたい男女にとっては住みにくい社会だと思います。そのような社会で、セックスに覚醒した男女はやはり一定数いると思います。  そういう意味で、既婚、未婚を問わず真摯にまじめにセックスを楽しみたい男女は、僕もそうですが、いると思っています。僕にとってそういう女性は尊敬に値するすてきですばらしい懸命にこのような世の中を生きている素晴らしい人間であると思います。覚醒していない普通の一般の人からどのように評価されようとも、僕は、そのような女性に感謝するとともに、彼女らを尊敬しています。  ということで、ここでは、そのようないとおしい女性との出会いについて、すべて本当のお話をご紹介しようと思います。ちなみに、お金が目的のお付き合い(業者、出会い系を利用したセミプロやデリヘル的な女性)はしたことがありませんし、注意深く判断して避けています。業者等の見分け方もおいおい書いていきたいと思います。

プロフィール

 首都圏を活動エリヤとする男性、あきらです。50代後半のオヤジです。まあ、ちょい悪おやじってとこでしょうか。
 身長は180cm弱、一応ジムに通って筋トレして、メタボ予防してます。年齢なりの、色々な経験ありますし、様々な面で余裕があると思ってます。若い人には負けない体力と知力はあると思います(ジムで体鍛えてますが、筋肉マンではないです)。たばこは吸いません。
 雰囲気は、清潔感がありやさしいタイプです。遊び人タイプではありません。一見まじめに見えますが、実は、このブログで書いてあるような人間です。これまで出会った女性を尊敬しています。すべての女性と出会い系でもがく男性にこのブログを捧げます(^^
 自由時間は、平日の夜、平日の昼間、土曜日など比較的自由に作れます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: