FC2ブログ
にほんブログ村 大人の生活ブログへ にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ

記事一覧

第26話 フェラ

 ところで、ラブホの帰りに野外でセックスするときは良いのですが、ラブホに行く前に会ってすぐ野外でするときは、シャワーには入っていない状況なので、ペニスが汚れている可能性もありフェラをしてもらうのはちょっと躊躇してました。

 それと、自分的にはクンニする前にはあそこを洗っておいてほしいほうなので、当然彼女も同じだと思いこれまでは言い出しませんでした。

 ちらっとそのことを言うと全然大丈夫とのことでした。

 彼女はそういうことは全然気にならなく、とにかくいつもしゃぶりたいとのことで、目の前の霧が晴れた思いです。

 これで、野外でするときの障害がすべて取り払われ、本当にうれしく思いました。

 ということで、会ってすぐや、外でトイレに行った後でもフェラOKということで、野外セックスにとどまらず、遊びの選択肢がぐっと広がりました。

 待ち合わせして、ラブホテルに行くまでに、監視カメラのないマンションの階段でフェラしてもらったり、街中でも歩いているときにビルの死角を発見するとフェラしてもらったりと、デートの途中で、いつでもどこでも気軽に楽しめるようになりました。

 今では、セキュリティが厳しく、都内のオフィスビルなどは社員証がないとビル内に入れませんが、当時は、簡単にオフィスビルの上層階のオフィスにまで入っていけるところが多くありました。

 二人でそんなビルに入り、給湯室でフェラするなど、オフィスラブっぽい遊びも可能となりました。

 車で待ち合わせることも多く、待ち合わせ場所からラブホまでのドライブ中に、フェラしてもらいながら運転するのがお決まりとなりました。

 待ち合わせ場所で、彼女が車に乗ってくると、すぐに僕のチャックを開いてペニスを咥えてもらいます。

 会う前にそんなことを想像ながら運転しているので、ペニスはすでに先走り汁でドロドロになったりしているのですが、それが嬉しそうす。

 よく、運転中のフェラは事故を起こしやすいといいますが、自分の感覚では、射精さえしなければ運転には支障なかったので、彼女も景色を楽しむドライブ以外はほとんどフェラしてもらいながらの運転となりました。

 助手席から彼女が覆いかぶさるので、恐らく車種によってはうまくフェラできないものもあるとは思いますが、偶然、フェラしやすい構造の車だったようで、それほど変な体制になることもなく彼女は楽にフェラを楽しむことができました。

 野外については、都会の街中、少し郊外のスポット、山や林などなどいろいろなスポットを探して行きました。

 また、おいおい、紹介していきたいと思います。

 コスチュームについては、彼女も最近はのってきて、僕が調達した古着のプリーツスカートをもっと短い超ミニに自分で仕立て直すなど、コスチュームに工夫をするのも楽しんでやっていました。

 それにしても、プリーツスカートは最強だと思います(笑




 この写真は、黄金の丈よりも、彼女が少し丈を短く仕立て直し過ぎた感じですが(もう数cm長いと最高だったんですが)、それはそれなりでも楽しいですね。


 こんな感じで、僕的には、パンティを履いているほうが、萌える気もします。


 そんなこんなで、コスプレ+野外+撮影が結構定番になって来ました。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

No title

画像いいですね
次も期待です(笑)

Re: No title

ありがとうございます!
画像は、プライバシーの問題もありますし、雰囲気をわかってもらうのが目的なので、
高解像度ではなくぼかしもきつくしててすみません。
それと、あまり過激なのは上げないようにしようと思いますので、ご勘弁くださいませ。
画像のキレイさを見てもらいたい場合はたまに高解像度アップするかもしれません。

それと、出会い系の話の復活ははもうしばらくお待ちくださいませ。すみません。


> 画像いいですね
> 次も期待です(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

なぜこんなブログを作ったか

 結構いい歳になりました。インターネットがない時代から伝言ダイヤルなどで今はインターネットで、セックスが目的で女性との出会いをしてきました。このように書くと不貞なやつだって思われるかもしれませんが、セックスを楽しみたいということと、人としての価値や尊厳はまったく別物であると信じています。その意味で、現在の世の中はセックスを自由に楽しみたい男女にとっては住みにくい社会だと思います。そのような社会で、セックスに覚醒した男女はやはり一定数いると思います。  そういう意味で、既婚、未婚を問わず真摯にまじめにセックスを楽しみたい男女は、僕もそうですが、いると思っています。僕にとってそういう女性は尊敬に値するすてきですばらしい懸命にこのような世の中を生きている素晴らしい人間であると思います。覚醒していない普通の一般の人からどのように評価されようとも、僕は、そのような女性に感謝するとともに、彼女らを尊敬しています。  ということで、ここでは、そのようないとおしい女性との出会いについて、すべて本当のお話をご紹介しようと思います。ちなみに、お金が目的のお付き合い(業者、出会い系を利用したセミプロやデリヘル的な女性)はしたことがありませんし、注意深く判断して避けています。業者等の見分け方もおいおい書いていきたいと思います。

プロフィール

 首都圏を活動エリヤとする男性、あきらです。50代後半のオヤジです。まあ、ちょい悪おやじってとこでしょうか。
 身長は180cm弱、一応ジムに通って筋トレして、メタボ予防してます。年齢なりの、色々な経験ありますし、様々な面で余裕があると思ってます。若い人には負けない体力と知力はあると思います(ジムで体鍛えてますが、筋肉マンではないです)。たばこは吸いません。
 雰囲気は、清潔感がありやさしいタイプです。遊び人タイプではありません。一見まじめに見えますが、実は、このブログで書いてあるような人間です。これまで出会った女性を尊敬しています。すべての女性と出会い系でもがく男性にこのブログを捧げます(^^
 自由時間は、平日の夜、平日の昼間、土曜日など比較的自由に作れます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: