FC2ブログ
にほんブログ村 大人の生活ブログへ にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ

記事一覧

第25話 撮影OK


 そんなこんなで、徐々にお互いが信頼できるようになり、嗜好やどこをどうすれば感じるのかなどがお互いほぼ分かってきました。

 ここでまた、新たな欲求が出てきました。

 それは、コスプレやはめ撮りなど写真を撮りたいという欲求です。

 当時は、フィルムカメラがデジカメと入れ替わり始めた時期で、フィルカメラだったら撮る気にはならなかっと思いますが、デジカメの気軽さからぜひ撮りたいと思うようになりました。

 だた、デジタル画像はもし流出したら取り返しがつかないので、彼女に許可を求めるのは当然としても、そのあたりの対策は信頼してもらっている自分としても完璧にしておく必要があります。

 ということで、たとえウィルスに感染して流出したとしても、絶対に安全なように暗号化する対策を探しておきました。

 ということで、彼女に写真を撮りたいというと、あっさりOKでした。

 なんの心配もしていないようで、僕にすべてお任せしてくれるということで、リスクも話したうえで許可をもらいました。

 実は彼女は写真を撮られるとかなり興奮する性癖であることが分かったのですが、この辺りも、相手を信頼しないと楽しめないということの一つではないかと思いました。

 彼女は昔付き合っていた男性がおり、その時も写真を撮られていたとのことですが、当時はディジタルではなく、ポラロイドで撮影していたそうです。

 別れるときに、ポラロイド写真を全部渡してもらったそうなのですが(誠意のある男性ですね)、それを全部捨ててしまったそうです。

 捨てないで保存しておけば良かったと捨てたことを後悔しているとのことでした。

 もし残っていれば僕も見てみたかったですが、残念です。

 ということで、コンデジを用意してセックスしているところ、セクシーコスプレなどを撮影することとなりました。

 実はそれ以後撮影にはまってしまって、グラビア的なきれいでセクシーな写真をとりたくなるあまり、ディジタル一眼レフを購入しさらにはまって沢山のレンズそろえてしまいました。

 一眼レフはコンデジや現在のスマホなどと比較しても、雲泥の差の素晴らしい画像をとることができます。

 一眼レフを手に入れてからというもの、彼女とのセックスのときには必ず持参して、数百枚ぐらい撮影しながらセックスやコスプレHをするのが普通のこととなりました。

 彼女としては撮影さるときの興奮と僕としては撮影するときの興奮と未来に二人だけの思い出を残すとといういみでも楽しみの一つとなりました。

 現在、当時の写真を見てみても、すぐに当時のことが思い出され撮影しておいて良かったなっと思います。

 まあ、でも写真は二人だけの秘密なので、もし僕が死んだら誰もその存在をしらない幻の写真であるわけですが、それはそれでよいと思います。

 ちょっともったいないので、この後、プライバシーに配慮しつつ解像度を落として、問題の無い範囲で少しだけ紹介していこうと思います。
 

 ということで、初めての撮影セックスする日がやってきました。

 この時は、まだ一眼レフは購入していないので、コンデジを持っていきました。

 それでも、いろいろと考えてコスチュームまで用意しました。

 今回は、デニムの超ミニと以前調達したプリーツスコートです。

 スコートはテニスコート以外で着ると超目立ってしまうので、まずは、デニムで上下を統一しました。

 平日の午後に待ち合わせしてすぐなので、まだ日中です。

 車の中で、デニムの超ミニに着替えてもらい、ついでにノーパンになってもらいました。

 超ミニといっても丈がいろいろあるのですが、僕の場合一番エロいと思えるのは30cm~35cmぐらいの短さです。

 それ以上短いとパンティが見えてしまって子供のミニスカートみたいな感じになってエロくないし、それ以上長いときわどい感じが無くなってしまう、黄金の丈だと思います。

 ちなみに、テニスのスコートはだいたいその黄金の丈のものが多いです。

 そんな恰好をしてもらって、まずは、コンビニにはいってもらって、ラブホにもっていくシュークリームを買うというドキドキゲームをしました。

 シュークリームはあとで活用するのですが、超ミニノーパンでコンビニで買い物できるかというドキドキゲームです。

 こんな他愛無いもないエロい遊びを考えて実践するのがとっても楽しく思えます。

 露骨な露出遊びではなく、まあ、ただ超ミニというだけなので、若干目立ちますが傍から見てもそれほどの違和感はない感じです。

 勝手に自分たちがドキドキしているってことでしょうか。
 彼女のあそこはびしょびしょになっているに違いないのですが、彼女の場合、以前に出てきた女性ほどの量ではなく、これぐらいでは垂れてくるほどではないので、超ミニでもその点は安心です。

 以前お話しした超愛液の多い女性の場合こういうシチュエーションでは、太ももを伝って垂れてくるスリルも楽しめるかもしれませんね。

 無事にコンビニから出てくると、まずは、人の来ないところで撮影です。



次に、近くの歩道橋に行って人の来ない時に階段を昇ってもらたりして、下からローアングルで撮影しました。

超ミニでノーパンなので見えそうになることと、撮影されていることで彼女も結構興奮しているようでした。



その次に、降りてくるところも撮影です。



 その後、ラブホテルに入り、キャミソールとスプリーツのスコートに着替えてもらいました。

 このスコートは、いわゆる高校生のテニス部で使うようなプリーツスコート(それも大好きですが)とは違って、ふわふわした柔らかい生地のプリーツスコートで、パット見はスコートというよりも普通のプリーツフレアーの超ミニスカートに見えるので、僕はとっても気に入っているスコートです。

  そんな恰好で、色々悪戯しながら色々なポーズで撮影して、軽く挿入したりとか楽しみました。





 帰ってから、撮った写真を編集するのも楽しく、撮影は二度楽しめます。
 次にお互い全裸でベットにはいって、本格セックススタートです。

 実は、先ほど買ったシュークリームはぬるぬるプレイするために買ったものでした。

 まずは、シュークリームを勃起しているペニスに突き刺して、それを彼女に食べてもらいます。

 最後はペニスはクリームでドロドロですが、そんなクリームをペニスと一緒に味わってもらいます。

 おいしくフェラができると喜んでいました。

 次に彼女にあおむけに寝てもらって、シュークリームブラとパンティにします。乳首をシュークリームと一緒に味わったあと、クリームと一緒に性器を味わいます。

 とっても美味しくディープクンニができて大満足でした。

 そこから先は、いつも通りなので省略します。

 もちろん、その過程も撮影しながら楽しみました。

 このあたりの写真はちょっと過激なので載せませんが、想像してくだいませ。

 俗にいうハメ撮りもしたり、コスプレ撮影だけでなく、性器の超アップなど色々撮影楽しみました。

 ということで、最初の撮影セックスは充実したものになりました。

 ここでの写真は、雰囲気を分かっていただくのが目的ということと、プライバシー等の問題があるので、トリミングして解像度を落としてあるのと、かなり大きなぼかし等はいっていますので、場の雰囲気程度をなんとなく感じとっていただければという程度ですのでご了承くださいませ。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

なぜこんなブログを作ったか

 結構いい歳になりました。インターネットがない時代から伝言ダイヤルなどで今はインターネットで、セックスが目的で女性との出会いをしてきました。このように書くと不貞なやつだって思われるかもしれませんが、セックスを楽しみたいということと、人としての価値や尊厳はまったく別物であると信じています。その意味で、現在の世の中はセックスを自由に楽しみたい男女にとっては住みにくい社会だと思います。そのような社会で、セックスに覚醒した男女はやはり一定数いると思います。  そういう意味で、既婚、未婚を問わず真摯にまじめにセックスを楽しみたい男女は、僕もそうですが、いると思っています。僕にとってそういう女性は尊敬に値するすてきですばらしい懸命にこのような世の中を生きている素晴らしい人間であると思います。覚醒していない普通の一般の人からどのように評価されようとも、僕は、そのような女性に感謝するとともに、彼女らを尊敬しています。  ということで、ここでは、そのようないとおしい女性との出会いについて、すべて本当のお話をご紹介しようと思います。ちなみに、お金が目的のお付き合い(業者、出会い系を利用したセミプロやデリヘル的な女性)はしたことがありませんし、注意深く判断して避けています。業者等の見分け方もおいおい書いていきたいと思います。

プロフィール

 首都圏を活動エリヤとする男性、あきらです。50代後半のオヤジです。まあ、ちょい悪おやじってとこでしょうか。
 身長は180cm弱、一応ジムに通って筋トレして、メタボ予防してます。年齢なりの、色々な経験ありますし、様々な面で余裕があると思ってます。若い人には負けない体力と知力はあると思います(ジムで体鍛えてますが、筋肉マンではないです)。たばこは吸いません。
 雰囲気は、清潔感がありやさしいタイプです。遊び人タイプではありません。一見まじめに見えますが、実は、このブログで書いてあるような人間です。これまで出会った女性を尊敬しています。すべての女性と出会い系でもがく男性にこのブログを捧げます(^^
 自由時間は、平日の夜、平日の昼間、土曜日など比較的自由に作れます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: