FC2ブログ
にほんブログ村 大人の生活ブログへ にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ

記事一覧

第22話 野外コスプレ

 また野外を試そうということで、選んだのが宅地造成中の工事現場です。

 柵がありますが、簡単に中にはいれて夜は人が来るわけもなくかなり安全です。

 ただ、工事器具などむき出しだったりするのでそういう意味では危険ですので、皆様はマネしないようにお願いします。

 それと、まだ家が建っていないので、広大な景色も楽しめそうです。

なお、現在は、広大な住宅地となり、当時の面影はありません。

 今回は前回よりも用意周到に計画し、プリーツのテニススコートを用意しました。

 テニスのスコートは、僕としてはそれだけで興奮するぐらい大好きです。

 スコートは見えるか見えないかのすれすれ感のある丈が絶妙なものが多く、萌えます。

 ラブホテルで楽しんだ後、調達したこのスコートをノーパンで着てもらいました。

 ちなみに、コスチュームは僕が用意したのですが、当時はまだ現在のようにネット通販サイトなどが無く、秋葉のアダルト系古着屋に行って調達しました。

 この後、セクシーコスプレにもはまってしまうのですが、ネット通販サイトができて来るまでは、このような超マニアックなお店があることで大変助かりました。

 秋葉原の街については、僕はもともと無線とかに興味があり中学ぐらいから秋葉原のジャンク街に通っていました。

 アマチュア無線の雑誌として有名なCQ誌は現在はすごく薄いですが、昔は超暑くてそのほとんどが秋葉原のジャンク店等の広告でした。

 その広告を見るのが楽しかったのですが(漫画本より楽しかった)、その意味ではちょっとオタクかもしれません。

 ということで、CQ誌片手に、秋葉原のジャンク街にはよく行きました。

 ガード下などは、部品が山積みで、隣のお店と区別がつかないぐらいで、一日中ジャンク街を歩き回っても飽きることはありませんでした。

 ということで、当時(1980、90年代ぐらい?)は秋葉といえば、電気街という認識でした。

 それが、僕がエッチに目覚めて、コスチュームを秘密裡にゲットしたいと思い始めてそういう意識で見てみると、当時からセクシーコスチュームショップは新宿や五反田とかマニアックに存在していましたが、なんど電気街のガード下などの奥まったところに、超マニアックなお店がいくつかあるのを発見しました。

 2000年前後の頃でしょうか。

 ジャンク街の奥まったところに看板もなくひっそりと存在していたので、普通では気が付かないレベルだと思います。

 ブルセラショップというと若干イメージが違うんですが、ちゃんとクリーニングされた古着屋といえばそんな感じです。

 品揃えは、超ミニ、レオタード、水着、キャバ嬢ドレス、セクシー下着といったアダルト系などが中心です。

 現在のようにまだ、メイド喫茶やアニメ系のコスプレショップが秋葉にはまったくない時代でした。

 それから数年して、メイド喫茶がちらほらできてき、そのなかに、コスプレショップもぽつぽつできてくるようになりました。

 そのようなコスチュームショップは取り揃えも良いのですが、基本コスプレーヤ向けであるのと、高いので、僕はまずはあやしい古着ショップで色々ゲットするのが好きでした。

 秋葉のその古着やは、レオタードや水着などは、段ボール箱の中に無造作に放り込まれており、こんがらがっているものを自分で引っ張り出してひとつひとつ見ながらほしいものを探していくというなんともマニアックなお店でしたが、よりどり3枚で1000円とか、超ミニスカートも色々あったり楽しく選ぶことができました。

 そんなの選んでいる自分を想像すると、自分で自分にひいてしまいますが(笑

 実は僕はかなり競泳水着が好きなのですが、そういうマニアックなものはそんな秋葉の古着屋には売っておらず、同じく秋葉に何件かあるマニアックなコスプレショップなどにはありました。

 競泳水着は正規に買い難くコスプレショップでも当時なかなか手に入らなかったので、高いですがそんなフェチ専門のお店でゲットしてました。
 
 現在の秋葉原はジャンク屋よりも、メイド喫茶の方が多いくらいで、駅前に堂々とアダルトショップがあったりして、様変わりですね。

 ジャンク屋さんも、1980年代以前の無線系から、徐々にPC系に変わっていて、現在は、ほとんどがPC系のジャンク屋さんになってしまいました。

 僕的には、無線系のジャンク屋さんが懐かしいですね。

 昔のようなジャンク街の中にひっそりとマニアックなお店が佇んている方が風情があってよかったなっと思うこの頃です。

 コスチュームは最近はほとんどネットでゲットですよね。

 話は脱線しましたが、上はブラトップのキャミソール、下は超ミニスコートという露出の多い恰好です。

 ラブホを出る時にこの格好したので、もし見られたら露出狂と思われてしまうのは間違いないので、人が来ないかと超ドキドキしながらラブホのエントランスを出ました。

 ラブホの駐車場の車に乗り込んだ時に、丁度別な車が入ってきたのですが、間一髪で見られませんでした。

 ドキドキです。

 結果的に野外露出っぽい状況になりましたが、彼女も興奮したそうです。

 気持ちの良い初夏の季節だったのですが、もし冬だったらコートを着ていれば中の服装は分からないので、こういう遊びには好都合なのですが、この季節は、コートは着れないので、そのままの恰好で移動するしかありませんでした。

 まあ、それもまた興奮するので、良いのですが。

 そんな恰好で車に乗り込みポイントに向かいます。

 彼女がそんな恰好でしかもノーパンなので、車の中ではつい我慢できず助手席の彼女の胸や股間をまさぐってしまいました。

 まさぐるまでもなくぐしょぐしょだったのは言うまでもありません。

 目的の場所に到着すると車を止めて、いざ、柵の中に入ります。少し傾斜がある広大な宅地なので、上の方に上がっていくと景色がひらけます。

 中は照明がなく暗いので、目が慣れるのを待って、ノーパン散歩しながら上の方に向かいます。

 かなり真っ暗で目が慣れても周りが良く見えないので、注意が必要です。

 景色の良い場所に立ち、後ろから挿入する予定です。

 ということで、後ろから上や下をまさぐっていると我慢できなくなったようで、入れてとおねだりしてきます。

 僕ももう我慢できず、用意してきたコンドームをつけていざ挿入です。

 最後は立位で後ろからの挿入で発射です。

 ふたりで同じ景色を見ながら挿入を楽しめました。

 彼女は感じてくるともう何もできなくなり当然周囲のことにも気が回らなくなりますが、今回は声を出さないように注意していたものの、場所は広くまず人には声は聞こえないという安心感もあり、つい声が出てしまう状況でした。

 射精が終わって抜いた時に、まあ、当たり前ですが、コンドームの始末に困りました。

 捨てるのもマナーに反するので、なんとか持って帰りましたが、特に野外でするときなど、コンドームはすごく不便だなっと思いました。

 コンドームは特に何度も出し入れしたりする場合や、野外の時には特に困ります。

 また、一度射精した後にまた挿入するときには、中に残っている精液が入ってしまうかもしれないので、念のために必ずコンドームをするようにしています。

 つまり生での挿入は最初だけで射精のときと、射精の後は射精するしないに関わらずずっとコンドームをつけなければならないということで、長時間のセックスには何度もつけたり外したりと大変だなっということを感じるようになって来ていました。

 不思議なのですが、室内でするときは射精は自分でかなりコントロールできるのですが、野外でするとコントロールできず結構すぐに発射してしまう自分を発見しました。

 ということで、野外セックス以外に、野外コスプレとしての野外露出に目覚めました。



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

なぜこんなブログを作ったか

 結構いい歳になりました。インターネットがない時代から伝言ダイヤルなどで今はインターネットで、セックスが目的で女性との出会いをしてきました。このように書くと不貞なやつだって思われるかもしれませんが、セックスを楽しみたいということと、人としての価値や尊厳はまったく別物であると信じています。その意味で、現在の世の中はセックスを自由に楽しみたい男女にとっては住みにくい社会だと思います。そのような社会で、セックスに覚醒した男女はやはり一定数いると思います。  そういう意味で、既婚、未婚を問わず真摯にまじめにセックスを楽しみたい男女は、僕もそうですが、いると思っています。僕にとってそういう女性は尊敬に値するすてきですばらしい懸命にこのような世の中を生きている素晴らしい人間であると思います。覚醒していない普通の一般の人からどのように評価されようとも、僕は、そのような女性に感謝するとともに、彼女らを尊敬しています。  ということで、ここでは、そのようないとおしい女性との出会いについて、すべて本当のお話をご紹介しようと思います。ちなみに、お金が目的のお付き合い(業者、出会い系を利用したセミプロやデリヘル的な女性)はしたことがありませんし、注意深く判断して避けています。業者等の見分け方もおいおい書いていきたいと思います。

プロフィール

 首都圏を活動エリヤとする男性、あきらです。50代後半のオヤジです。まあ、ちょい悪おやじってとこでしょうか。
 身長は180cm弱、一応ジムに通って筋トレして、メタボ予防してます。年齢なりの、色々な経験ありますし、様々な面で余裕があると思ってます。若い人には負けない体力と知力はあると思います(ジムで体鍛えてますが、筋肉マンではないです)。たばこは吸いません。
 雰囲気は、清潔感がありやさしいタイプです。遊び人タイプではありません。一見まじめに見えますが、実は、このブログで書いてあるような人間です。これまで出会った女性を尊敬しています。すべての女性と出会い系でもがく男性にこのブログを捧げます(^^
 自由時間は、平日の夜、平日の昼間、土曜日など比較的自由に作れます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: