FC2ブログ
にほんブログ村 大人の生活ブログへ にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ

記事一覧

第21話 野外

 僕は、前々から野外ですることに興味がありました。

 自分は露出趣味があるわけではないく、彼女に野外で露出っぽいことをしてもらうと自分も興奮するというほうです。

 彼女もそういう嗜好はあまりないようですが、頼まれてしてみることには全然抵抗がないみたいです。

 ということで、僕も未体験の野外セックスを試してみることにしました。

 そこまでは良いのですが、人に見つかるのは嫌なので、人にはみつからないけれども外でしても大丈夫そうなとこを探すのが大変でした。

 車を運転しているときや歩いているときなど注意して周りを観察してここならできるかなっとかいろいろ観察するのが癖になりました。

 思うんですが、今のようなグーグルマップの航空写真があれば、そういうスポットは簡単に発見できたのに、当時はもちろんそんな便利なツールは存在せず自分の足で探し出すしか道はありませんでした。

 実は、最初は新宿で会ったのですが、お互いに住んでいるところが近く、同じ路線で10分ぐらいのところだということが分かりました。

 ということで、少し郊外の地元付近で気軽にあうことができることが分かり、そういうスポットも探しやすくなりました。

 実際都心から少し離れているので、林や緑地や宅地造成中のところなど候補になりそうなところは幾つかありました。

 野外スポットについては今後も出てくるので、楽しみにしておいてください。

 ということで、お互い記念すべき野外第一回ですが、まずはラブホテルで一回戦をしておいて、夜になってからホテルを出て車でポイントに移動しました。

 そのポイントは、まだ未開発の里山的小高い林があり周りには住宅地が迫っているのですが、その林はまだ人が入ってこず、外からも見えにくいので、最適な場所と思われました。

 近くに車を止めて歩いて現場に向かいます。

 現場は後ろは林が迫っていますが、前方は視界が開けているけれども人が来ることができない荒れ地で、人が来れば遠くから分かります。

 周りは暗いですが、少しはなれたところに人家の光がみえるという環境です。

 ただここは座ることができそうな場所がなかったので、彼女は服を着たままパンティーを脱ぎ(スカートはミニではないけどひらひらした感じのスカートでした)、僕はズボンとパンツを下ろし準備OKです。

 さすがに人が来ないとは思われましたが、万が一人が来た時にごまかすことができたり逃げることができるような体制が必要なので、このような環境では全裸になることは避けました。

 それに初体験でもあり、様子が分からないうちからあまり大胆になってはいけませんよね。

 まだ、ホテルでのセックスの余韻が残る彼女に挿入したりして楽しみました。

 人に聞かれるとまずいので、彼女は感じても声を出すことができず、我慢しなければならないんですが、それはそれで逆に興奮したようです。

 最後は、外を汚さないように、自分は立った状態で、彼女がしゃがんでフェラしてもらい飲んでもらうことにしました。

 これで外を汚すことはないですが、フェラしている時に彼女は夜景を見れないので、ちょっと可哀そうかなっと思いました。

 彼女は、そんなことは気にせず外でのフェラに興奮しているようです。

 自分立った状態で夜景を楽しみながら発射できたので最高でした。

 外の風を感じながら人が来るかもしれないというスリス満点の中での初野外セックスは最高に興奮しました。

 彼女も野外初体験はとっても興奮して楽しかったとのことで、これ以降様々な野外を試すことになります。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

なぜこんなブログを作ったか

 結構いい歳になりました。インターネットがない時代から伝言ダイヤルなどで今はインターネットで、セックスが目的で女性との出会いをしてきました。このように書くと不貞なやつだって思われるかもしれませんが、セックスを楽しみたいということと、人としての価値や尊厳はまったく別物であると信じています。その意味で、現在の世の中はセックスを自由に楽しみたい男女にとっては住みにくい社会だと思います。そのような社会で、セックスに覚醒した男女はやはり一定数いると思います。  そういう意味で、既婚、未婚を問わず真摯にまじめにセックスを楽しみたい男女は、僕もそうですが、いると思っています。僕にとってそういう女性は尊敬に値するすてきですばらしい懸命にこのような世の中を生きている素晴らしい人間であると思います。覚醒していない普通の一般の人からどのように評価されようとも、僕は、そのような女性に感謝するとともに、彼女らを尊敬しています。  ということで、ここでは、そのようないとおしい女性との出会いについて、すべて本当のお話をご紹介しようと思います。ちなみに、お金が目的のお付き合い(業者、出会い系を利用したセミプロやデリヘル的な女性)はしたことがありませんし、注意深く判断して避けています。業者等の見分け方もおいおい書いていきたいと思います。

プロフィール

 首都圏を活動エリヤとする男性、あきらです。50代後半のオヤジです。まあ、ちょい悪おやじってとこでしょうか。
 身長は180cm弱、一応ジムに通って筋トレして、メタボ予防してます。年齢なりの、色々な経験ありますし、様々な面で余裕があると思ってます。若い人には負けない体力と知力はあると思います(ジムで体鍛えてますが、筋肉マンではないです)。たばこは吸いません。
 雰囲気は、清潔感がありやさしいタイプです。遊び人タイプではありません。一見まじめに見えますが、実は、このブログで書いてあるような人間です。これまで出会った女性を尊敬しています。すべての女性と出会い系でもがく男性にこのブログを捧げます(^^
 自由時間は、平日の夜、平日の昼間、土曜日など比較的自由に作れます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: