FC2ブログ
にほんブログ村 大人の生活ブログへ にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ

記事一覧

第20話 口内発射

 さらに何回か回を重ねていくわけですが、フェラはとんでもなく好きということが分かったのですが、口内発射については、まだ聞いたりしたことがなく未知数でした。

 それと、口内発射については、女性によって好き嫌いがはっきりわかれるので、確認するに少し躊躇する場合があります。

 ところで、この時点では、最初は挿入するときは必ずコンドームをつけていましたが、僕が発射のコントロールができるということと、病気の心配がお互いないことが分かり、発射しないときは生での挿入をしてもよいことになりました。

 ちなみに、病気については、クリニック等で秘密に検査ができるのですが、セックス目的で長期のお付き合いをするうえの礼儀として、そこで標準項目のチェックを受けてすべて陰性であることをお互い確認してあります。

 ただ、発射するときは気をつけないといけません。

 次回以降の回でも話が出るかもしれませんが、コンドームは思いっきりセックスを楽しむ上で、いろいろな意味で障害になります。

 さらに、僕の経験上どの女性も生での挿入の方が気持ちよいと言います。逆が気持ちよいという女性には出会ったことがありません。

 さらに、ゴムの匂いが嫌いな女性はコンドームを一度装着するとゴムの匂いがして、フェラができないという場合もありました。

 ということで、コンドームは無いに越したことは無いんですが、いくら病気がなくても妊娠したらまずいので、そこは絶対に守る必要があります。

 最初のころは、コンドームの中にそのまま発射とか発射するときに出してお腹に発射とかしていたのですが、口の中に発射しても良いかと思い切って聞いてみると、全然大丈夫とのことでした。

 ということで、口内発射もすることにしました。

 口無発射について、いろいろなやり方があると思うのですが、最初の口内発射のやり方は、膣でぎりぎりまで我慢して、お腹に出すのではなく口にもっていって咥えてもらって発射するというやり方でした。

 口の中に発射すると全然嫌がらずにごっくんしてくれました。

 飲めてうれしいという一言をもらって、彼女は精液を飲むのも大好きということが分かりました。

 新たな発見でうれしい限りです。

 後に分かるのですが、お腹に出すとお腹が汚れるからと上に書きましたが、実のところ、彼女は顔を含めていろいろなところに精液をかけられてどろどろになるのも好きだということが分かりました。

 ということで、それまでは、正常位で挿入状態でぎりぎりまで我慢して、急いで口にもっていって咥えてもらい口で吸ってもらったり舐めてもらったりして、口内発射をしていたのですが、よくAVであるような口を大きく開けてもらって自分の手でしごいて口内に発射する方法もよいことが分かりました。

 その発展形として、口には出さず、唇に出したり話だしたり顔に出したりといろいろなところ出して顔をどろどろにするやりかたも楽しみました。

 一点、精液が目にはいると目がいたくなるらしく目にはいらないように特に注意はしていました。

 AV的には、上記のような口内発射は見ている側も興奮するのですが、彼女が好きだけどAV的には映えない口内発射方法も開発しました。

 彼女はとにかく時間を気にせずゆっくり長い間しゃぶっているのがすきなのですが、上記のような方法は発射するときだけ咥えたり、女性が正常位に対して、男性が顔にペニスを近づけて加えてもらう方法は、長時間口にペニスをいれているのには結構疲れて、長時間口にペニスをいれておくのは無理でした。

 比較的長時間可能な方法としては、以前に紹介した、男性が仰向けで女性が上からペニスを加える体位ですが、これも今度は女性の首が疲れてしまいます。

 というこてとで、あみ出した方法が、側位によるフェラです。これは男性も女性もが横向きになり、69のようにする方法と、横向きのまま女性が下にづれてフェラするという方法を試しました。

 側位の69は、自分もフェラできるので、とっても良いかと思ったのですが、顔を性器に埋めてクンニをしすぎると彼女が感じすぎてフェラできなくなってしまいます。

 それと、片足を上にあげて顔を性器に埋める空間をつくらないといけないので、上げている女性の足がつかれてしまいます。

 足を支える専用の大道具を作ればたぶん長時間楽しめると思いますが、そんな道具を作っても置くところもないし諦めました。

 ということで、たどりついたのが、二番目の、側位で女性が下にずれて横向きに咥えるという方法です。

 女性の頭に枕を挟んで口がペニスを加えやすいように高さを調整すると、どこにも負荷をかけることなく脱力してもずっと加えていられることが分かりました。

 さらに男性の腰は自由なので、腰を前後に動かして軽いピストン運動もすることができます。

 こんな体位でずっとフェラしているのが、僕も彼女もこの体制が好きでした。ひどいときは咥えたまま彼女が寝てしまったり、一時間以上ペニスがふやけてしまうぐらい咥えていることもありました。

 特に大きなピストン運動をしなくても、ずっと口で優しく刺激を受けていると徐々に興奮が高まり発射に至ることもありました。

 激しいんピストン運動とは違い、AV的には映えないので、AVでは決して登場しないやりかたですね。

 この体位だと、自然体で話もしながら咥えていられるし、発射したあともずっと咥えていることができるので、お気に入りの体位でした。

 彼女がとにかく長時間フェラが好きなので、彼女がフェラしている間に映画をみたり、お酒を飲んだり、彼女もお酒を飲みながらフェラしたりということも多々ありました。

 ペニスを肴にお酒もおつなものですよね。

 ところで、精液を飲むのが好きということが分かったので少しでも彼女の願いをかなえようといろいろ調べました。

 すると、体が酸性やアルカリによっても味が変わるらしいということと、ビタミンCを飲むとおいしくなるということが分かりました。

 ということでそれ以降、セックスの前にはビタミンCを必ず飲ことにしました。

 また、体調管理もおいしい精液のためには必要だということが分かったので、注意するようにしました。

 さらに、一回の発射量を多くするために、ネットでいろいろしらべて試してみました。

 ビール酵母が良いということで試してみましたが、僕にはあまり効果がありませんでした。

 とっても効果があると思ったのは、個人輸入のサイトで口コミを頼りに取り寄せたサプリや薬でした。

 筋トレで使うステロイド系の男性向けに精力がアップするサプリ、亜鉛、プロテイン、男性ホルモンブースターなどいろいろ試しましたが、どれもそれなりの効果があり、精液量や射精回数が増しました。

 ちなみに、精液はアルギニンと亜鉛が主体なので、飲むことは体にはとっても良いらしいです。

 サプリを探しているときに、バイアグラが話題になっていましたので、それまではあまり必要も感じなかったのですが、試してみることにしました。その結果は劇的なものでしたが、そのあたりは次回以降においおい報告したいと思います。

 このころになると、お互い気を遣わずにやりたいことを希望してやってみても良いんだというようなお互いの理解が生まれてきました。

 もちろん、やりたくないことは嫌と言えばよいので、まずは、やりたいことを話してみるのが第一歩だということもわかりました。

 それと、次回会うときにこんなことしたいとか、こんなこともしてみようとかアイディアをいろいろ出し合いメールで話あって計画を立て実践することが楽しく、計画を立てる楽しさと実践する楽しさで二倍おいしくセックスを楽しむことができるようになりました。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

Re: No title

こんばんは。
ここの使い方まだよくわかっておらず、気が付くのが遅れてしまいました。すみません。
出会いネタじゃないですが、ありがとうございます。
ぼくも、こんなにフェラが好きな女性いることにびっくりしました。
ひざまずいてフェラしてもらうのはたしかにうれしいですよね。その後であった女性が、ふぇらするときは必ず床にひざまずくようにしてくれたのを思い出しました。
サプリは結構ききますよね。

また、書く力いただきました。ありがとうございます。



> またまた、面白いねたありがとうございます
> フェラ好きにとってはうらやましい話です
> 私は座ってのフェラが征服欲が満たされて好きです
> 最近、亜鉛を愛用しています(笑)
> 濃度が違うような気がします

コメントの投稿

非公開コメント

なぜこんなブログを作ったか

 結構いい歳になりました。インターネットがない時代から伝言ダイヤルなどで今はインターネットで、セックスが目的で女性との出会いをしてきました。このように書くと不貞なやつだって思われるかもしれませんが、セックスを楽しみたいということと、人としての価値や尊厳はまったく別物であると信じています。その意味で、現在の世の中はセックスを自由に楽しみたい男女にとっては住みにくい社会だと思います。そのような社会で、セックスに覚醒した男女はやはり一定数いると思います。  そういう意味で、既婚、未婚を問わず真摯にまじめにセックスを楽しみたい男女は、僕もそうですが、いると思っています。僕にとってそういう女性は尊敬に値するすてきですばらしい懸命にこのような世の中を生きている素晴らしい人間であると思います。覚醒していない普通の一般の人からどのように評価されようとも、僕は、そのような女性に感謝するとともに、彼女らを尊敬しています。  ということで、ここでは、そのようないとおしい女性との出会いについて、すべて本当のお話をご紹介しようと思います。ちなみに、お金が目的のお付き合い(業者、出会い系を利用したセミプロやデリヘル的な女性)はしたことがありませんし、注意深く判断して避けています。業者等の見分け方もおいおい書いていきたいと思います。

プロフィール

 首都圏を活動エリヤとする男性、あきらです。50代後半のオヤジです。まあ、ちょい悪おやじってとこでしょうか。
 身長は180cm弱、一応ジムに通って筋トレして、メタボ予防してます。年齢なりの、色々な経験ありますし、様々な面で余裕があると思ってます。若い人には負けない体力と知力はあると思います(ジムで体鍛えてますが、筋肉マンではないです)。たばこは吸いません。
 雰囲気は、清潔感がありやさしいタイプです。遊び人タイプではありません。一見まじめに見えますが、実は、このブログで書いてあるような人間です。これまで出会った女性を尊敬しています。すべての女性と出会い系でもがく男性にこのブログを捧げます(^^
 自由時間は、平日の夜、平日の昼間、土曜日など比較的自由に作れます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: