FC2ブログ
にほんブログ村 大人の生活ブログへ にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ

記事一覧

第18話 会っているときはずっとセックスしていたいです

 お互い心と体が合いそうということで、会った次の日からメールでセックスでしたいこととか色々話ました。

 僕としては、女性は単にあってエッチするだけでは不満足で、食事とか飲みとかの後にえっちするのが良いに違いないと思っていましたので、そのような先入観で会ったときの段取りなんかを考えていました。

 メールでやりとりするうちに、会って食事したりしている時間もったいなく、その時間が会ったらセックスしていたいとのことです。

 これは僕も全く同感で、会ったいるときはずっとセックスしていたいほうです。

 こんなことをストレートに言う女性は珍しいとは思いますが、ストレートに欲求を言ってくれるのはすごくうれしく思いました。

 お互い会っているときはずっとセックスしていたいということが確認できたので、以後無駄な気を使う必要がなくなりました。

 ということで、二回目からは、会ってすぐホテルに直行するパターンが続きました。

 最初の数回はお互いまだ、若干ぎくしゃくしたところがあったのですが、まずは、普通にセックスをしまくりました。

 だんだん心と体がなじんで来る感じと、お互いの信頼関係や病気などの心配がないことがはっきりしてきて、心から安心してセックスを楽しめるようになってきました。

 とはいっても、お互いの嗜好やなにをどこまでやってよいかなどは、これからはお互いの試行錯誤や次なにやろうかといったメールでの相談を通じて、ゆっくりですが、徐々に分かってくるようにそれから先になりましたが、数回会った現時点では、まだそこまでは行っていない感じではあります。

人によっては、徐々に脱がしていく過程が楽しい人もいると思います。また、ひとによっては、あってすぐシャワーを浴びるのはそれが目的みたいで興ざめするという人もいるようです。

 僕としては、あまりそういう感覚がなく、まずはお互いシャワーで体を洗ってから、よしこれから思いっきり楽しむぞみたいな感じの楽しみ方のほうが好きでした。

 これも人によっては洗っていな性器のほうがすきという人もいるのは確かだと思いますが、僕はまずは、体全部をきれいに洗ってもらってからのほうが好きでした。ということで、シャワーを浴びた後、いざセックス開始です。

 いつも思うのですが、最初に会って全裸の体に初めて手を触れるときは、震えるほど感動します。

 女性の体ってなんて素敵なんだろうって感覚です。

 抱き着いているだけで幸せな気分になります。僕は、女性体のすべての部分を舐めるのがすきなのですが、バストや性器を除いては特に脇の下を舐めるのが大好きなので、そんな感じでまずは体中を舐めまわします。

 キスしたりバストを含めて体中を舐めているとすでに彼女の性器からは愛液が溢れていています。

 ここで、手での性器の愛撫からはじまりクンニするというのが普通の手順だと思いますが、僕的には少しトラウマがありました。

 というのは膣の匂いの問題です。膣の匂いは、これまでの経験上いろいろな匂いの人がいて、ひどい時には手についた匂いが二日ぐらいとれない場合もありました。

 僕的には、膣の匂いは苦手なほうで、クンニしようと思って顔を近づけたときに匂いがあるとそれだけで萎えてしまうほうなので、初めてセックスする女性にクンニするときは結構構えてしまうほうです。

 これまで、あまり長く付き合える機会がなかったので、あるいみ、クンニを思いっ切りできることはありませんでした。

 で、話を戻しますが、彼女とのセックスを数回するなかで気が付いたことがありました。ぐしょぐしょに濡れた膣に指をいれて愛撫したあとにそれとなく指の匂いを嗅いでもまったく匂いがありません。

 ということで恐る恐るクンニをしても、味も匂いもまったくありません。こんな女性がいるんだと感動しました。

 ということで、数回目からはなにも恐れずクンニをする段階となりました。そんな感じでこれまでのクンニは恐る恐るクリトリスを舐める程度しかしたことがなく、ある意味クンニの楽しさを知らなかった自分に気が付きました。

彼女の場合は、安心して舐めることができることが分かったので、まずは、外陰唇や内陰唇やもちろんクリトリスも十分に口に含んで吸ったりなめたり、唇と鼻を愛液でぐちょぐちょにしながら舐めたりできるようになりました。

 これが何時間でもしていてもよいぐらいとっても楽しく大好きになりました。そんな感じだったのですが、舌を膣に少し入れてみると彼女の反応が大きくなりました。

 舌をなるべく膣の奥に挿入して愛撫することが楽しくなりました。

 舌は短いので、なるべく奥にいれるためには口を大きく開けて性器全体を食べるような感じで膣に舌をいれるとかなり奥まで舌をいれることができ、思いっきり舌を挿入したりしてクンニする楽しさを知りました。

 口を大きくあけて下を膣に入れると、必然的に、口の他の部分が膣の周りや小陰唇に唇があたることになるので、口全体で性器を覆う感じになり、彼女にとってはそれも気持ちが良いようです。

 舌を膣に入れるときの体位も、正常位や四つん這いやマン繰り返し、立位、顔面騎乗位などいろいろな体位ですると、舌を挿入できる深さや刺激の位置が変わって、新しい体位の発見を含めてクンニの楽しさを発見しました。

 これも、膣が無味無臭だからこそということで、彼女に感謝です。

 性器がおいしいと感じ始めたのもこのころです。

 まあ、実際には無味なので、ちょっとおかしな表現ですが、色々な意味で性器を味わうという感覚でしょうか。

 こんなプレイを勝手にディープクンニと名付けました。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

Re: No title

アイ様
 わざわざ、メールありがとうございます。
 まだ、どのようにしたら読みやすいあよくわからないのですが、もしかすると一文づつ開業したほうが良いのかもしれません。
また、読みにくいようでしたらお気軽に、指摘くださいませ。

 自分の勝手な体験と思いを書いているだけですので、あまり期待しないで、下さいませ。でも読んでいただいている人がいると思うと書きたくなります。ここしばらくは、出会いよりも、昔の彼女とのセックスのお話になりますが、我慢してくださいませ。

出会い系については、今書いている彼女と別れてからすごく沢山あるので、そのうち、出会い系についても書きますので。

同世代ということで、アイ様もいろいろ体験されたのでしょうか? そのような体験もブログなので書くと他の人の参考になるのではないかと思いますよ。

いずれにしても、今回のコメントは大変参考になりました。今後書き方も工夫していきたいと思います。感謝です。



> あきらさま
> 早速のご対応ありがとうございます
>
> これで、ゆっくりと読めます(笑)
> イロエロな話、期待しています
> これからもよろしくお願いします

コメントの投稿

非公開コメント

なぜこんなブログを作ったか

 結構いい歳になりました。インターネットがない時代から伝言ダイヤルなどで今はインターネットで、セックスが目的で女性との出会いをしてきました。このように書くと不貞なやつだって思われるかもしれませんが、セックスを楽しみたいということと、人としての価値や尊厳はまったく別物であると信じています。その意味で、現在の世の中はセックスを自由に楽しみたい男女にとっては住みにくい社会だと思います。そのような社会で、セックスに覚醒した男女はやはり一定数いると思います。  そういう意味で、既婚、未婚を問わず真摯にまじめにセックスを楽しみたい男女は、僕もそうですが、いると思っています。僕にとってそういう女性は尊敬に値するすてきですばらしい懸命にこのような世の中を生きている素晴らしい人間であると思います。覚醒していない普通の一般の人からどのように評価されようとも、僕は、そのような女性に感謝するとともに、彼女らを尊敬しています。  ということで、ここでは、そのようないとおしい女性との出会いについて、すべて本当のお話をご紹介しようと思います。ちなみに、お金が目的のお付き合い(業者、出会い系を利用したセミプロやデリヘル的な女性)はしたことがありませんし、注意深く判断して避けています。業者等の見分け方もおいおい書いていきたいと思います。

プロフィール

 首都圏を活動エリヤとする男性、あきらです。50代後半のオヤジです。まあ、ちょい悪おやじってとこでしょうか。
 身長は180cm弱、一応ジムに通って筋トレして、メタボ予防してます。年齢なりの、色々な経験ありますし、様々な面で余裕があると思ってます。若い人には負けない体力と知力はあると思います(ジムで体鍛えてますが、筋肉マンではないです)。たばこは吸いません。
 雰囲気は、清潔感がありやさしいタイプです。遊び人タイプではありません。一見まじめに見えますが、実は、このブログで書いてあるような人間です。これまで出会った女性を尊敬しています。すべての女性と出会い系でもがく男性にこのブログを捧げます(^^
 自由時間は、平日の夜、平日の昼間、土曜日など比較的自由に作れます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: