FC2ブログ
にほんブログ村 大人の生活ブログへ にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ

記事一覧

第10話 妻としてください

 このころ自分で立ち上げたWebサイト中心だったのですが、ふと思い出してアダルト伝言ダイヤルを聞いていると、スワッピング的なテーマのところに、旦那様から妻の相手をして欲しいとの伝言がありました。

 このころ、僕は40過ぎのときなのですがあまり複数プレイとかSWには興味がなかったのですが、ふっと興味がわいて応募の伝言を入れました。

 するとラッキーなことに返事がありました。詳しく内容を聞くと、30代前半の夫婦で、奥さんはこのようなプレイは初めてだけど旦那さんとしてはぜひ、自分の居る前で奥さんとしてほしいとのことでした。

 つまり、夫婦+自分の3Pですが、旦那様は手を出さずに見ているだけで良いとのことで、実質は2Pのようです。

 なにか、美人局的なことはないかと恐る恐る待ち合わせ場所に行きました。

 待ち合わせはなんとラブホテルの部屋です。夫婦がすでにラブホテルに入っていて、僕がそこに行くという段取りです。

 なので、なおさらビビりました。

 ビビりながらノックをして扉をあけるとそこには、普通な感じの旦那さんと、これまた普通な感じの奥様がいました。

 奥様はスリムで小柄、バストはCカップぐらいな感じで、なんとなくMっぽい感じです。

 奥様は旦那様に従順で言われるままのようです。僕が支持されたのは、旦那様が見ている前で奥さんとしてほしいとのことでした。

 で、最初に言わなかったことですが、ビデオに撮りたいと言い出しました。

 僕は、そんな話は聞いていなかったので、悪用される可能性もあるし断りました。

 すると旦那さんは顔を隠し良いからということで、大きなマスクをすることになりました。

 まあ、大きなマスクをすると顔のほとんどが隠れるし、ビデオにとられても大丈夫かなっと思いOKしました。

 それと、奥様が面白い要求をしました。挿入するときはコンドームを二枚重ねてしてほしいとの要求でした。

 まあ、気分の問題なんでしょうが安心したいということだと思います。

 ということで、いざスタートです。

 旦那様に服を脱ぐように指示された奥様は、恥ずかしそうに体を隠しながら全裸になりました。

 そこで、また、旦那様は予想外の要求を出してきました。隠していた大量のイチジク浣腸をもってきて、まずはこれで奥様を浣腸してほしいとのこと。

 奥様も知らなかったようで、嫌がっていましたが、観念したようです。

 ただ、旦那様には見られたくないということで、トイレにいって注入できるだけ目いっぱい僕が注入するということになりました。

 僕も浣腸は初めてだったのですが、イチジク浣腸はスポイトのような形の先を肛門にいれて、指でつまんで注入するだけなので、簡単です。

 奥様はもし途中で出たらいやだということで、トイレで注入することにしました。

 ということで奥様とトイレに行き便器の上にM字開脚してもらって、いざ注入開始です。

 性器を相当上向きにしてもらわないと肛門まで露わにならないので、かなり頑張って上向きにM字開脚してもらいましたので、小陰唇も丸見え状態でした。

 そこで、注入前に、小陰唇を開いて膣を観察させてもらいました。

 嫌がっているのにすでに、愛液が溢れてきている状態でした。

 イチジク浣腸の先に溢れている愛液を付けてぬるぬるにしてから、肛門に差し込み浣腸液を注入しました。

 10本以上注入したころでしょうか、彼女がそろそろ抑えきれなくなってきたようです。

 初めての浣腸プレイなのでとってもはずかしく、出すところは見られたくないといいはり、トイレから追い出され、それからしばらく彼女はトイレにこもっていました。

 彼女がトイレから出てくると、彼女はすっきりしたようすでしたが、浣腸プレイはそれで終わりとなりました。

 ということで、浣腸プレイとはいえとってもソフトなプレイとなりました。

 奥様がトイレから出てくると、旦那様は奥様に挿入してくれということで、体の簡単な愛撫で奥様が興奮してくるとすぐに、挿入に移りました。

 旦那様はカメラを構え撮影しているのですが、挿入しているところをアップでとりたいと言い始めるので、挿入しているところが良くわかるように体を離して挿入したりして協力しました。

 まるでAV男優になった気分でした(笑 ということで、奥様もそこそこ興奮しているようでした。

 旦那様が言うには、ビデオは後で見て楽しむそうです。

 僕的には、そういう嗜好は理解できませんが、それぞれ嗜好は異なるので、それ自体は当事者が良いならば全然良いと思いますし、協力もしたいと思います(笑 このころからアブノーマルな怪しい世界に少しづつ興味を持っていく自分がいました。

 それにしても40歳近くになって目覚めは遅すぎますよね。 

 いまでも、SWなどなどして夫婦で楽しんでいるんだろうなって思っています。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

なぜこんなブログを作ったか

 結構いい歳になりました。インターネットがない時代から伝言ダイヤルなどで今はインターネットで、セックスが目的で女性との出会いをしてきました。このように書くと不貞なやつだって思われるかもしれませんが、セックスを楽しみたいということと、人としての価値や尊厳はまったく別物であると信じています。その意味で、現在の世の中はセックスを自由に楽しみたい男女にとっては住みにくい社会だと思います。そのような社会で、セックスに覚醒した男女はやはり一定数いると思います。  そういう意味で、既婚、未婚を問わず真摯にまじめにセックスを楽しみたい男女は、僕もそうですが、いると思っています。僕にとってそういう女性は尊敬に値するすてきですばらしい懸命にこのような世の中を生きている素晴らしい人間であると思います。覚醒していない普通の一般の人からどのように評価されようとも、僕は、そのような女性に感謝するとともに、彼女らを尊敬しています。  ということで、ここでは、そのようないとおしい女性との出会いについて、すべて本当のお話をご紹介しようと思います。ちなみに、お金が目的のお付き合い(業者、出会い系を利用したセミプロやデリヘル的な女性)はしたことがありませんし、注意深く判断して避けています。業者等の見分け方もおいおい書いていきたいと思います。

プロフィール

 首都圏を活動エリヤとする男性、あきらです。50代後半のオヤジです。まあ、ちょい悪おやじってとこでしょうか。
 身長は180cm弱、一応ジムに通って筋トレして、メタボ予防してます。年齢なりの、色々な経験ありますし、様々な面で余裕があると思ってます。若い人には負けない体力と知力はあると思います(ジムで体鍛えてますが、筋肉マンではないです)。たばこは吸いません。
 雰囲気は、清潔感がありやさしいタイプです。遊び人タイプではありません。一見まじめに見えますが、実は、このブログで書いてあるような人間です。これまで出会った女性を尊敬しています。すべての女性と出会い系でもがく男性にこのブログを捧げます(^^
 自由時間は、平日の夜、平日の昼間、土曜日など比較的自由に作れます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: