FC2ブログ
にほんブログ村 大人の生活ブログへ にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ

記事一覧

第35話 競泳水着(1)

 コスチュームの中でも僕は競泳水着に萌えることに気が付きました。 ということで、競泳水着を秋葉のコスプレショップなどでいくつか集めて、撮影しました。  今はあるかどうかわかりませんが、いろいろなフェチのビデオショップがあり、フェチ向けのコスチュームや撮影に使ったコスチュームを販売している超マニアックなお店がありました。 僕は、ビデオや2次元よりも、実物が良いのでビデオには興味がなかったのですが、撮...

続きを読む

第36話 競泳水着(2)

  ということで、前回と同じように、競泳水着をゲットしました。 やっぱりアシックスのハイレグ競泳水着のデザインは僕的には最高です。 ハイレグは腰から下の女性の曲線美を最高に演出しますよね。 競泳水着は女性の体の魅力を強調してくれると思います。 競泳水ははだしよりもパンプスが似合うと思うのは僕だけでしょうか? このアンバランスが萌えます。...

続きを読む

第37話 白い競泳水着

 白の競泳水着は透けるので実際の競技では使うことはなく、一般には売られていないようです。 でも、ネットを見ていて白い競泳水着があることを発見しました。 競技では着る人はいないので、競泳水着マニア用にメーカも理解したうえで作られているようです。 あるいは、特注なのかもしれません。いずれにせよ、ネットで、白い競泳水着をゲットすることができました。 前の回の競泳水着もすべてアシックスですが、アシックスの...

続きを読む

第39話 競泳水着散歩

 競泳水着にはまってしまって、室内では飽き足らず、競泳水着で野外散歩に挑戦しました。 野外露出の部類に入るのかもしれませんが、人のいるところでは、もちんできないので人が非常にすくない千葉郊外の自然公園に行ってみました。 人が来ない時を見計らってこんな感じで歩いてみます。 人が来ないかドキドキですが、もちろん人が来た時の非常事態のために、コートを持って行っているので、その時はさっと羽織る予定でしたが...

続きを読む

第42話 レオタード(1)

 競泳水着が最高なのですが、レオタードも良いなっと思います。 ということで、競泳水着タイプのハイレグレオタードを試してみました。 全体がシースルーなので、普通こんなのでジムには行けないので、まあ、コスプレ用でしょうか? レオタードとしえば、ハイレグも良いですが、ヒラヒラが付いたのも好きです。  加えて、やっぱり白が透け具合といい一番エロイと思います。 でも、やっぱり透けるので実用にはならないかと思...

続きを読む

なぜこんなブログを作ったか

 結構いい歳になりました。インターネットがない時代から伝言ダイヤルなどで今はインターネットで、セックスが目的で女性との出会いをしてきました。このように書くと不貞なやつだって思われるかもしれませんが、セックスを楽しみたいということと、人としての価値や尊厳はまったく別物であると信じています。その意味で、現在の世の中はセックスを自由に楽しみたい男女にとっては住みにくい社会だと思います。そのような社会で、セックスに覚醒した男女はやはり一定数いると思います。  そういう意味で、既婚、未婚を問わず真摯にまじめにセックスを楽しみたい男女は、僕もそうですが、いると思っています。僕にとってそういう女性は尊敬に値するすてきですばらしい懸命にこのような世の中を生きている素晴らしい人間であると思います。覚醒していない普通の一般の人からどのように評価されようとも、僕は、そのような女性に感謝するとともに、彼女らを尊敬しています。  ということで、ここでは、そのようないとおしい女性との出会いについて、すべて本当のお話をご紹介しようと思います。ちなみに、お金が目的のお付き合い(業者、出会い系を利用したセミプロやデリヘル的な女性)はしたことがありませんし、注意深く判断して避けています。業者等の見分け方もおいおい書いていきたいと思います。

プロフィール

 首都圏を活動エリヤとする男性、あきらです。50代後半のオヤジです。まあ、ちょい悪おやじってとこでしょうか。
 身長は180cm弱、一応ジムに通って筋トレして、メタボ予防してます。年齢なりの、色々な経験ありますし、様々な面で余裕があると思ってます。若い人には負けない体力と知力はあると思います(ジムで体鍛えてますが、筋肉マンではないです)。たばこは吸いません。
 雰囲気は、清潔感がありやさしいタイプです。遊び人タイプではありません。一見まじめに見えますが、実は、このブログで書いてあるような人間です。これまで出会った女性を尊敬しています。すべての女性と出会い系でもがく男性にこのブログを捧げます(^^
 自由時間は、平日の夜、平日の昼間、土曜日など比較的自由に作れます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: